ショップリード文

桐の特徴

桐の特徴

桐は成長が早く短い年月で伐採が可能になるため、主に箪笥(たんす)や下駄、お櫃(おひつ)などの素材として古くから日本人に好まれて用いられてきました。
このように桐が身近な存在であったのはその優雅な見た目もさることながら、素材としての桐の特徴が多様な面で日本の風土に適し、機能性に優れていたためです。
桐の特徴は下記のようになっています。

 

桐の特徴

柔らかく、弾力性能に優れる
柔らかく、弾力性能に優れる桐は他の木材に比べ、柔らかい特徴を持っています。
そのため、傷つきやすいという点が欠点に挙げられがちですが、弾力性能に優れクッションのように物を守ってくれるということも言えます。
下駄のような人の身体に直接触れる物に使用すれば、桐の生み出す柔らかさが身体を心地よく包んでくれます。

保温・断熱性能に優れる
桐の組織は独立した空気の部屋が密集している状態でなので、外気温の影響を受けにくい特徴を持っています。
そのため、保温・断熱性能に優れています。
古くからお米のお櫃(おひつ)として用いられてきたのもこのためです。
上記したように、桐は柔らかいのでお家の構造部に用いることは難しいですが、床材に使用すると冬でも快適に過ごせます。


湿気をコントロールしてくれる
湿気をコントロール桐は呼吸するように空気中の湿気をコントロールする役目を持っています。
桐を箪笥(たんす)などの収納具に用いれば、湿度が高いときは膨張することで外からの湿気の侵入を防ぎ、湿度が低いときは湿気を発散し収縮します。
そのため、箪笥(たんす)の中の湿度を一定にし、中の衣類を長期間保護してくれます。
このような特徴が高温多湿の日本に適していたのです。

 
虫から大切な収納物を守る
桐は虫が嫌いなタンニンやパウロン、セサミンなどの成分を多く含んでいます。
そのため、虫が寄り付かず衣類やお米を守るうえで非常に優れています。
においの強力な防虫剤を使う必要もなくなるので、気分が悪くなることもありません。


軽くて扱いやすい
軽くて扱いやすい桐は杉や檜(ヒノキ)といった国産有用樹の中で最も軽い木材です。
そのため、箪笥(たんす)に使用した場合は引っ越しや間取り変更時にも簡単に移動することが出来、下駄に使用した場合は快適に歩くことが出来ます。

 
火事から大切なものを守る
桐は非常に燃えにくい木材です。
炎に包まれてしまっても表面が炭化しやすく、内部まで燃えるのに時間がかかります。
そのため、外は燃えても中の収納物が助かったということが多々あります。
この耐火性能によって、金庫の内張として使われてきました。


次は綺麗で優雅な「桐の花」をご覧ください
→「桐の花」はこちらから